天井に穴をあけず設置が可能

引掛け埋込
ローゼット

引掛け埋込
ローゼット

設置動画を見る設置動画を見る

フル引掛け
埋込ローゼット

フル引掛け
埋込ローゼット

設置動画を見る設置動画を見る

コンセント付引掛
埋込ローゼット

コンセント付引掛埋込ローゼット

設置動画を見る設置動画を見る

露出埋込兼用
引掛シーリング 送りなし

露出埋込兼用
引掛シーリング 送りなし

設置動画を見る設置動画を見る

引掛露出
ローゼット

引掛露出
ローゼット

設置動画を見る設置動画を見る

主にマンションで使用していることが多いです。

天井に穴をあけず設置が可能

引掛け埋込
ローゼット

設置動画を見る

フル引掛け
埋込ローゼット

設置動画を見る

コンセント付引掛
埋込ローゼット

設置動画を見る

露出埋込兼用
引掛シーリング
送りなし

設置動画を見る

引掛露出
ローゼット

設置動画を見る

主にマンションで
使用していることが多いです。

天井に木ネジで固定が必要

角型引掛け
シーリング

角型引掛け
シーリング

設置動画を見る

丸型引掛け
シーリング

丸型引掛け
シーリング

設置動画を見る

丸型フル引掛け
シーリング

丸型フル引掛けシーリング

設置動画を見る

主に戸建てや木造アパートで使用していることが多いです。

天井に木ネジで固定が必要

角型引掛け
シーリング

設置動画を見る

丸型引掛け
シーリング

設置動画を見る

丸型フル
引掛けシーリング

設置動画を見る

主に戸建てや木造アパートで
使用していることが多いです。

ご注意

天井の配線器具が下記のような場合は、 配線器具の見直しや交換を行ってからお取り付けください。
火災・感電・落下によるケガの原因となります。
 ※配線工事は必ず、電気工事店(有資格者)に依頼してください。

破損している
状態

露出している
状態

ぐらぐら
しているもの

引掛埋込
ローゼット
(ハンガーなし)

ご注意

天井の配線器具が下記のような場合は、 配線器具の見直しや交換を行ってからお取り付けください。火災・感電・落下によるケガの原因となります。
 ※配線工事は必ず、電気工事店(有資格者)に依頼してください。

破損している状態

露出している状態

ぐらぐら
しているもの

引掛埋込
ローゼット
※ハンガーなし

船底天井

格子天井

竿縁天井

船底天井

格子天井

竿縁天井

傾斜天井

船底天井

格子天井

竿縁天井

船底天井

格子天井

竿縁天井

3寸勾配

4寸勾配

5寸勾配

6寸勾配

3寸勾配

4寸勾配

5寸勾配

6寸勾配

傾斜天井対応の商品は下記よりCHECK!

傾斜天井対応の商品は下記よりCHECK!

傾斜天井対応の商品は
下記よりCHECK!

風量の減衰や揺れの原因となるため、羽根の先端から一番近くの壁との距離はある程度空けて設置が必要です。壁からは平均的に40~50cm程度空けることが推奨されています。羽根と床との距離は安全面や圧迫感を考慮し、210~220cm以上空けることを推奨しています。

風量の減衰や揺れの原因となるため、羽根の先端から一番近くの壁との距離はある程度空けて設置が必要です。壁からは平均的に40~50cm程度空けることが推奨されています。羽根と床との距離は安全面や圧迫感を考慮し、210~220cm以上空けることを推奨しています。

風量の減衰や揺れの原因となるため、羽根の先端から一番近くの壁との距離はある程度空けて設置が必要です。壁からは平均的に40~50cm程度空けることが推奨されています。羽根と床との距離は安全面や圧迫感を考慮し、210~220cm以上空けることを推奨しています。

風量の減衰や揺れの原因となるため、羽根の先端から一番近くの壁との距離はある程度空けて設置が必要です。壁からは平均的に40~50cm程度空けることが推奨されています。羽根と床との距離は安全面や圧迫感を考慮し、210~220cm以上空けることを推奨しています。

シーリングファンの効率がUPする

延長パイプ

高い天井に延長パイプの無い、直付けのシーリングファンを設置すると良い空気循環がつくれず本来の効果が発揮できない場合があります。空気の循環効率を最大化するため、高さを調整する「延長パイプ」を使用して設置するのがおすすめです。 吹き抜けや高い天井のお部屋では延長パイプ付きの商品を選択すれば空気の循環効率がアップするのでおすすめです。 羽根の位置が天井から60cm以上あると理想的ですが、圧迫感を感じる可能性がある場合は40cmくらいでも問題なくお使いできます。 5m程度の天井高で照明の照度を確保するため、150cmの延長パイプを選択するお客様もいらっしゃいますが、150cm以上の延長パイプは設置した後の見た目が予想より長く感じられるので注意が必要です。

シーリングファンの効率がUPする

延長パイプ

高い天井に延長パイプの無い、直付けのシーリングファンを設置すると良い空気循環がつくれず本来の効果が発揮できない場合があります。空気の循環効率を最大化するため、高さを調整する「延長パイプ」を使用して設置するのがおすすめです。 吹き抜けや高い天井のお部屋では延長パイプ付きの商品を選択すれば空気の循環効率がアップするのでおすすめです。 羽根の位置が天井から60cm以上あると理想的ですが、圧迫感を感じる可能性がある場合は40cmくらいでも問題なくお使いできます。 5m程度の天井高で照明の照度を確保するため、150cmの延長パイプを選択するお客様もいらっしゃいますが、150cm以上の延長パイプは設置した後の見た目が予想より長く感じられるので注意が必要です。

引掛埋込ローゼットでの設置方法

引掛埋込ローゼットでの設置方法

フル引掛埋込ローゼットでの設置方法

フル引掛埋込ローゼットでの設置方法

コンセント付引掛け埋込ローゼットでの設置方法

コンセント付引掛け
埋込ローゼットでの設置方法

露出埋込兼用引掛けシーリングでの設置方法

露出埋込兼用
引掛けシーリングでの設置方法

丸型引掛シーリングでの設置方法

丸型引掛シーリングでの設置方法

角型引掛シーリングでの設置方法

角型引掛シーリングでの設置方法

引掛露出ローゼットでの設置方法

引掛露出ローゼットでの設置方法

小判型プレートの外し方

引掛露出ローゼットでの設置方法